アスタリフトシリーズには化粧水、美容液といくつか種類があるけれど、どういう順番でつければいいの?と疑問に思ったりしますよね。

今回はアスタリフトの全商品と、つけ方の順番について解説していきます。

 

アスタリフトにはどんなアイテムがある?

アスタリフトは富士フィルムから出ているスキンケアブランドの総称です。

クレンジングから美容液まで、全部のアイテムが揃っています。

 

 

アスタリフトの全商品がこちらです。

 

  • クレンジングジェル
  • クレンジングオイル
  • モイスチャーフォーム
  • アスタリフトジェリーアクアリスタ(先行美容液)
  • モイストローション(化粧水)
  • エッセンスディスティニー(美容液)
  • クリーム
  • エマルジョン(乳液)

 

この他、化粧下地にもなる、UVプロテクターというクリームもあります。

 

 

またこれ以外にも、美白専門のアスタリフト ホワイトシリーズもあります。

 

アスタリフトをつける順番

この項目では、アスタリフトのスキンケアをつける順番をご紹介していきます。

 

1.アスタリフト クレンジングジェル(もしくはオイル)でメイクを落とす

 

アスタリフトのメイク落としはクレンジングジェルクレンジングオイルの2種類があります。

 

ジェルタイプにもオイルタイプにもアスタキサンチンエキスが入っているので、ほんのり赤い色をしています。

 

 

使い方としては、まず乾いた手にジェル(またはオイル)を取り、手のひら全体に優しく伸ばします。

 

そして肌の上で優しくオイルを転がし、メイクや汚れになじませていきます。

 

水かぬるま湯ですすいで、しっかりと流します。

 

2.洗顔料で洗い流す

アスタリフトはオイルでメイクを落とした後に洗顔料で顔を洗う、ダブル洗顔です。

 

※写真はイメージです。

 

 

ぬらした手に洗顔料を適量とって、しっかりと泡立てます。

その泡を肌の上に載せ、顔全体を優しく洗いましょう。

 

水かぬるま湯でていねいにすすぎ、タオルで優しく水気を取ります。

 

3.アスタリフトジェリーアクアリスタ(先行美容液)をつける

 

他のスキンケアラインと違うのが、このアスタリフトジェリーアクアリスタです。

 

 

先行美容液なので、洗顔をした後のまっさらな状態の肌につけます。

このアスタリフトジェリーアクアリスタをつけることで、次につける化粧水の浸透が変わってきます。

 

 

アスタリフトジェリーはこのような感じです↓

 

 

赤いジェリー状で、

料理で出てくるジュレのような形状をしています。

 

 

アスタリフトジェリーのつけ方の順番を解説していきます。

 

使用量の目安はやや大きめのパール粒大です。

 

 

まずは、適量を手に取り、手のひらに伸ばして温め、顔全体に伸ばしましょう。

 

手のひらで顔全体で包み込み、優しくなじませていきます。

 

肌がもっちりと手にすいつくようになったら浸透した証拠です。

 

次のステップに移りましょう。

 

4.モイストローション(化粧水)をつける

 

アスタリフトの化粧水もアスタキサンチン配合なので、赤い色をしています。

 

 

ポンプ式になっていて、使用量の目安は2、3プッシュです。

少しずつ出して、付け足していく方式でもOKです。

 

 

では、化粧水のつけ方の順番を説明していきます。

 

まずは適量をとり、手のひらで温めます。

温めると肌に浸透しやすくなります。

 

 

顔を両手で包み込むようにして、次に顔全体に優しくなじませましょう。

 

 

肌になじませて手に肌が吸い付くように感じられたら、肌がうるおっている証です。

 

5.エッセンスディスティニー(美容液)をつける

 

美容液の使用量の目安はポンプ2,3プッシュです。

 

 

美容液のつけ方の順番はこうです。

 

 

適量を手にとり、顔全体に優しく伸ばします。

 

指の肌でくるくると滑らせるようにして、肌になじませていきましょう。

 

指のすべりが止まったら、美容液が浸透した証なので、次のステップに移りましょう。

 

6.クリームか乳液をつける

アスタリフトでは、最後に水分にふたをする段階でクリーム乳液をつけます。

 

どちらでも良いので、好きなほうを選びましょう。

 

 

特徴を比較してみると、

クリームのほうがコクのある重厚なテクスチャーですが、伸びは良いです。

乳液(エマルジョン)はクリームよりも水分量が多く、軽やかなテクスチャ―です。

 

 

それぞれのつけ方の順番を解説していきます。

 

クリーム

 

クリームの使用量の目安は、やや大きめのパール粒大です。

アスタリフトジェリーアクアリスタと同じ分量ですね。

 

 

クリームのつけ方の順番はこうです。

 

まず適量を手にとり、顔全体に優しく伸ばします。

指の腹でクリームを滑らせて、顔全体になじませます。

目元や口もとなど、シワが寄りやすいところには、更にクリームを少量取り、塗りこんでいきましょう。

 

乳液

 

乳液の使用量の目安は、ポンプ2プッシュです。

 

 

乳液のつけ方の順番はこうです。

 

 

まず適量を取り出し、顔全体にやさしく伸ばしていきます。

 

指の腹で乳液をすべらせて、肌になじませていきましょう。

両手で温めるようにハンドプレスするのも良いです。

 

目元や口もと、ほうれい線の部分など気になるところには、少量足して塗り重ねていきましょう。

 

まとめ

アスタリフトシリーズのスキンケアの順番について、ご紹介してきました。

アスタリフトは実際に使ってみるとわかりますが、ラインで使うと本当に肌がもっちりします。

 

 

中でも一番人気のアスタリフトジェリーアクアリスタの効果がすごいです。

ジェリー→化粧水の流れですでに肌がモチモチになります。

 

 

乾燥肌で悩んでいたり、中々自分に合うスキンケアが見つからない方は、試してみる価値があるスキンケアアイテムだと思います。

 

 

アスタリフトを使って効果を実感している人の口コミはこちらに詳しくまとめています。

アスタリフトの口コミや効果まとめ