疑問ちゃん

アスタリフトジェリーってどんな成分が入ってるの?

 

肌に直接つけるものだからこそ、スキンケアの成分は気になりますよね。

特にアスタリフトジェリーは赤いジェリー状の不思議な先行美容液なので、成分が気になる気持ち、わかります。

今回はアスタリフトジェリーの成分について解説していきます。

 

 

アスタリフトジェリーの全成分はこれだ!

 

こちらがアスタリフトジェリーの全部の成分です。

 

 

水、グリセリン、ベタイン、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、BG、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、アセンヤクエキス、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、アセチルヒドロキシプロリン、加水分解シロバナルーピンタンパク、トコフェロール、コレステロール、エチルヘキシルグリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸スクロース、レシチン、ダマスクバラ花油、ラウリルカルバミン酸イヌリン、オレイン酸、エタノール、香料、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、フェノキシエタノール、メチルパラベン

引用:富士フィルムの公式サイト

 

 

成分を一つ一つ、ひも解いていきましょう。

 

アスタリフトジェリーの成分を解説

 

グリセリン

アルコールの一種で、植物や海藻に含まれています。

人間の体内にも中性脂肪として存在しています。

 

水に溶けやすく吸湿性が高いので、化粧品に良く使われます。

 

疑問ちゃん

吸湿性って?

 

物質が空気中の水分を吸収する性質のことです。

 

ベタイン

アミノ酸の一種です。

保湿効果があるので、化粧品やシャンプーに使用されます。

 

コポリマー

シリコーンオイルの一種。

皮脂をつくり、お肌を滑らかにしたり、ツヤ出し効果があります。

 

シリコーンオイルというと、敏感な方は気になると思います。

私がそうなので^_^;

 

ただ、コポリマーは毒性や刺激性の報告がなく安全性に問題のない成分とされています。

そもそも安全じゃなければ富士フィルムさんも配合させないでしょうし。

結構多くの保湿系のスキンケアにも配合されています。

 

BG

二価アルコールで保湿剤として使用されています。

グリセリンよりも使用感が軽いのが特徴です。

 

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

ビタミンC誘導体の一種。

ビタミンCにはメラニンを黒化させるチロシナーゼという酵素の働きを阻害する効果があります。

 

メラニンはシミやそばかす、くすみの元になるので、ビタミンCは美白効果を得るためには欠かせません。

 

セラミド(セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP)

肌のうるおいを保つことに欠かせないのがセラミドです。

細胞間脂質の一種で、細胞と細胞の隙間をうるおいで満たします。

 

アスタリフトジェリーに含まれるこの3種類のセラミドは、別名Wヒト型セラミドとも呼ばれています。

 

セラミドには動物性、植物性のものもありますが、一番肌馴染みが良いのがヒト型セラミド。

 

アスタリフトジェリーは元々人の肌に存在しているセラミドに近い成分のセラミドを含んでいて、更に独自の技術でナノレベルにまで細かくされているので、肌馴染みが抜群です。

 

アセンヤクエキス

東南アジアにあるガンビールノキという植物の葉から抽出されたエキスです。

 

細胞内のメラニンの排出を促進、シミや色のムラを改善する効果が期待できます。

 

コラーゲン(水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン)

肌のハリには欠かせないのがコラーゲンです。

アスタリフトジェリーには2種類のコラーゲンが含まれていて、肌にうるおいとハリを与えてくれます。

 

アスタキサンチン(ヘマトコッカスプルビアリス油)

自然界に存在する色素の一種です。

 

赤い色をしていて、エビやサケなどに含まれています。

アスタリフトジェリーの赤い色はこのアスタキサンチン由来のものです。

 

アスタキサンチンには抗酸化作用があることがわかっており、紫外線による肌細胞の老化などを防いでくれています。

 

ナノリコピン(トマト果実エキス)

トマトに含まれるリコピンは赤色色素の一種で、高い抗酸化作用を持っています。

アスタリフトジェリーではアスタキサンチンとWの赤色効果で、紫外線によって細胞が老化するのを防いでくれます。

 

アセチルヒドロキシプロリン

アミノ酸の一種。

コラーゲンの生成を促進する効果があります。

 

加水分解シロバナルーピンタンパク

シロバナルーピンから抽出した、植物性のたんぱく質です。

肌を柔らかくして、ハリを与えます。

 

トコフェロール(ビタミンE)

トコフェロールとはビタミンEのことです。

老化を促進する活性酸素から細胞を守ります。

 

コレステロール

皮膚のバリア効果を高めます。

 

エチルヘキシルグリセリン

肌の一番表面にある角質層を柔軟化させます。

 

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

ヤシ油から取れる、カプリル酸、カプリン酸とグリセリンが結合したものです。

皮膚を滑らかにしたり、うるおいを保つ働きがあります。

 

オレイン酸ポリグリセリル-10

多価アルコールの一種。

乳化剤として化粧品によく使用されます。

 

ミリスチン酸ポリグリセリル-10

ミリスチン酸ポリグリセリル-10は、ヤシから作られる非イオン性界面活性剤です。

油分と水分を均一に混ぜ合わせて安定させる乳化作用の目的で、スキンケア商品に配合されます。

 

ステアリン酸ポリグリセリル-2

多価アルコールの一種。

乳化剤の目的で、スキンケア商品に配合されます。

 

ミリスチン酸オクチルドデシル

ミリスチン酸オクチルドデシルは植物由来の低粘性の油剤です。

伸びがよく、しっとりとした質感を出せるので、スキンケア商品によく使用されます。

 

ステアリン酸スクロース

スクロースとステアリン酸の結合で作られた界面活性剤です。

乳化剤としてスキンケア商品に配合されます。

 

レシチン

動物界や微生物界に存在するリン脂質の一種です。

水にも油にもなじむ特性を持っているので、乳化目的で配合されます。

 

ダマスクバラ花油

バラ科ダマスクローズの花から抽出されたエキスです。

濃厚な甘い香りが特徴です。

アスタリフトジェリーはバラの香りがしますが、それがこの花油から来ているんですね。

 

ラウリルカルバミン酸イヌリン

キク科の多年草チコリから抽出される植物性の乳化剤です。

 

オレイン酸

肌の皮脂を構成している脂肪酸の中で、一番大きな割合を占めるのがオレイン酸です。

オレイン酸は年齢とともに減少するので、肌が乾燥したり、ゴワゴワするようになります。

 

オレイン酸は肌を柔らかくする働きがあるので、アンチエイジングに役立ちます。

 

エタノール

一価かつ低級のアルコールです。

 

ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

抗菌目的で化粧品やシャンプー、乳液、化粧水などに配合されます。

 

フェノキシエタノール

グリコールエーテルの一種です。

殺菌、防腐剤として使われる成分です。

 

メチルパラベン

抗菌、防腐目的で使用される成分です。

 

まとめ

アスタリフトジェリーの全部の成分についてまとめてきました。

PRではナノセラミドだったり、コラーゲンが全面に出ていますが、突っ込んでみていくと他にも効果的な成分がたくさん配合されていることがわかりました。

 

参考になれば幸いです。